企業の動きに対して先回りしよう

個人だけでなく企業でも不動産投資が注目されています。
生命保険会社は国債などの安全資産の運用からマンションやオフィスビルなどの収益物件での運用に移行しつつあります。
また、一般事業会社でも遊休土地の有効活用としてビルを建設したり、マンションを建設したりする例が目立ってきました。
本業とは別に安定収入を保有することで収益基盤が強固になります。
このような動きは今後もしばらく続くものと考えられています。
個人投資家はこのような企業の動きに対して先回りして動くと良いです。
現在、都市部の中古ワンルームマンションの表面利回りは5%から7%ですが、今後、企業がさらに積極的に物件取得に動けばもっと低下していく可能性があります。
今のうちに中古ワンルームマンションや1棟アパートを保有しておくことで将来には含み益を得られことになります。
貸出金利も下がってきているので、中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件を購入するには良い時期といえます。

相手探し、結婚までの交際をアドバイスしてくれる滋賀のベテラン仲人士

婚活で京都の女性と結婚

婚活利用数が多い大阪の仲人

この婚活は奈良でも評判

【婚活】兵庫で活躍する仲人